コメントをいただきました。
-----
用具のことは漠然と「合いますか」「飛びますか」「かかりますか」と聞かれても、なんとも答えようがないというのが、用具を販売する側からの声としてよく聞かれますよね。
打ち方の動作はもちろん、作戦やその理解度、好みや性格も人それぞれなわけで
実際にプレイをある程度見た上で、「得意な〇〇をさらに強化したい」「苦手な〇〇を用具でカバーしたい」という希望であれば、少しは用具の提案もしやすいのでしょうが
-----
コメントありがとうございます。

ほとんどの人が「自己分析」を全くしないまま、自分に合う用具を探すからアッチコッチ迷走していまうんですね。(以前の自分も全くできてませんでしたが)

-----就活コラムより-----

「自己分析」の目的と方法とは?具体例付きでわかりやすい!

----------

私も、度々立ち止まっては自己分析をしております。

IMG_1057



これは動画ネタの自分のキャラクターの棚卸ですかね。

卓球で言うところの「あいつサーブ上手い」「ドライブ速い」みたいな個性だったり強みの部分です。

誰も教えてくれないシリーズ
ペンホルダー
うまい(自分で言っちゃいけないやつ)
元日本リーガー
授業形式
用具?
身体操法

専修大学
明豊
研究系・考察系

ここらへんがほかの卓球で動画投稿をしている方とは違う部分だったり、強みになる部分かなと思います。逆にこの反対系のおもしろ系、ネタ系は苦手だったりしますね。


卓球に超簡単に置き換えてみても

ドライブが速い→これを活かした用具選びなのか

ドライブが速い→球速を少し落としても安定性を取るのか

せめて、これくらいは・・・って感じですね。

全部苦手で・・・とか

何を練習したらいいか分からない・・・

みたいな状態であれば、やっぱり打球感覚を鍛えるところであったりとか

対戦相手が自分より強すぎるみたいなこともあるので、自己分析・環境分析が必要になってくるかと思います。



YouTubeで言うところのどのカテゴリ(卓球、ビジネス、教育)でやるか

エンタメ・ガチ・考察(どれで)で勝負するか

自分の得意、不得意

相手の得意、不得意

それらを総合的に見るのが大事ってことですね。ま、YouTubeの王道は現在、おもしろエンタメ系ですが。

大きい池で大人数の魚釣り勝負するか、狭い池で少人数の魚釣り勝負するかは自己判断ですね(あくまで例えの話です)

私は狭い池2個、3個で勝負している感じですかね。ま、ほかに釣り人いないと思いますが。笑

この記事が何かの参考になれば幸いです。