コメントをいただきました。
-----
■質問
Xiaさんこんにちは。いつもブログ拝見しております。
質問があり、必ずつっつきされる、またはつっつきされやすい、レシーブ強打されないゲーム展開を作るにはどうしたらよいでしょうか?
自分の背景と考えを踏まえ、アドバイスいただけると幸いです。

■背景
中級者なりたてくらいの実力です。
動いて打つ3球目ドライブが無意識でも安定して入れられるようになってきたので、先手を取れば勝てる試合が多くなってきました。
そこで、相手に突っつきレシーブを多用させ、遅い球で台から出させる確率を高めたいと思っています。
もちろん強い人には3球目ドライブを待たれ、ブロックで振り回されたり、カウンターされるのですが、そこの対応は次の段階と考えています。

■自分の考え
2バウンドするかしないかくらいのショートサーブを出せて、かつ同じフォームから、回転(上回転)、コース、長さを変えられるサーブを持つこと。
それを使い、まずは色々な球を出し、レシーブの判断を遅らせる展開を作ってから、ショートサーブを出すと、大抵強打は来ず、突っつきレシーブが多くなります。
それを3球目で狙い撃ちます。
-----
コメントありがとうございます。

卓球に必ずはないので、ツッツキが欲しいのであれば「切れた下回転サーブ」を出すというのが高確率でツッツキを誘うサーブになります。




で、ずっと同じように出してたら慣れられるから・・・いろいろと変化を加えていくよって話になるんですけど。

そこは質問者さんの質問のように

コースを散らす(コース)

ナックルを混ぜる(回転)

ハーフロングサーブでストップさせない(長短)

でもいいですし。

モーションを付けるというのも1つの手ですし




または「良いロングサーブ」を持つことでショートサーブへの反応を遅らせるというのも手段としてはあります。


この質問で考えたいのはある程度、「1点突破」ができるようになった


弱者の戦術とは?布袋先生と意見の一致 


そのあとには、自分の得意戦術をより確率高く使用するための「裏戦術」が必要になるレベルがやってくるということです。


レベルが上がれば上がるほど「分かってれば」ある程度、相手の待ちを外す打球感覚を持ち合わせてくるので。

※質問者さんの場合、ツッツキを待ってるのが分かったうえでストップしたりフリックしたりしてくる


この記事が何かの参考になれば幸いです。