コメントをいただきました。
-----
私はレシーブの時、相手のサーブ後の動きを見て、相手から少しでも強打されにくい方法で返球するのがいいのではないかと考えて練習しています。ラリー中、打球するのにに多少の時間的余裕がある場合、トップ層の選手は相手の動き(またはラケットの向きなど)を見てプレイをしているのでしょうか。
-----
コメントありがとうございます。

基本的に「全体を俯瞰」して見ていることが多いです



相手に強打されない方がいいとか点を決めに行った方がいいなどは

相手の技量

飛んできているボール

自分の技量

が関係してくるので・・・ぶっちゃけケースバイケースになってくるのですが


基本的には



この思想でプレーするといいのかなと思います。

私なんかはボールに威力がなく、安易に相手のフォア側に飛ばしたらカウンターが飛んできたりするので、大体2段階目の「変化」「チャンスメイク」にギアを置いてプレーすることが多いです。


レシーブに関して言えば、相手が自由に細工してきたものを処理することになるので

卓球の数あるシーンにおいても、相当「難易度が高い」です。

それもありますが、入れると決めるだけでは変化も乏しいので、まずは「変化」に頭を置いてプレーしてみてはいかがでしょうか?


ちなみに「変化」というと、あんまりにも抽象度が高すぎるので

「変化」をシンプルにまとめた動画もあります。

まずはこちらから自分の使いやすい、やりやすいものであったり、相手のサーブに対して使いやすいものをチョイスしていけばいいかなと思います。

それでもやられるようであれば、自分と相手の難易度を見極めたりすることが必要になってくるので・・・これまたケースバイケースということで。