コメントをいただきました
-----
試合においてつなぎの代表格である「いいループドライブ」とはどんなものかいまいちわかりません。
場面によって、「浅い」、「深い」、「高い」、「低い」など使い分けるのでしょうか。
それとも、ある程度こんなループがいいループというものがあるのでしょうか。
雑誌で吉田海偉さんは「ループは高いほうがいい。相手が強打しにくいから」という趣旨の事をいっていましたが、シャーさんはループドライブにどんな戦略上の意味合いを持たせてますか?
-----
コメントありがとうございます。

ループの良しあしについては「個人がループドライブをどのように使用しているか」が反映されるので

例えば

回転差(かかってる、かかってない)で相手のラケット角度を狂わせるとか

低いループで相手にいったんブロックさせるとか

コメントにあるように高くて深いループで相手を下げる

などなど、自分がどういう意図でループを使っているかが「良しあし」の判断をするための第一歩になるかと思います。

もちろん対戦相手が普通の裏ソフト、カットマン、粒と変われば用途も多少変わってくるとは思います。

それも含めて、自分がどんな意図で使っているのか。ある程度、定義することがまずは大事かなと考えています。

ちなみに私自身はループドライブがへたっぴなので「ツッツキで返すくらいならループで球を起こそう」くらいなもんです。

もちろん自分がボールを起こしに行ってカウンターくらったら元も子もないので、最低限コースには気を使えるかなという程度・・・

※紹介してますが自分は出来ないループドライブ



このテクニックは現在、上級層の大学生なんかは結構使っており、一昔前の私のようなプレーヤーは全然ついていけておりません・・・

ある程度、目に見えて「攻撃」「守備」が分かり易いテクニックだと

点を取るため、点を失わないためと用途が分かり易いのですが

こういった「つなぎ」

攻撃にも守備にもどっちともとれるようなテクニックについては自分で「意図」を付け加えることが大事だと思います。

ぜひ参考にしてみてください^^