コメントをいただきました。
-----
少し前に「身長が低い選手はプレーが二極化する」という記事を拝見しました。

自分自身も身長が低いので、記事を見たあと及川選手のプレー動画をよく観るようになりました。

質問なのですが、身長が低い選手が、前陣で早い打点で戦うか、豊富な技を身に着けるために、必要な練習方法があったら、ぜひ教えていただきたいです。

週に一度練習する程度の初中級者レベルの社会人ですので、「まずはこれから」というような、優先順位高めのものを教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いします。
-----
コメントありがとうございます。

優先度高め、なおかつ得点にもつながりやすいであろうところを2つ紹介します。



まず、このボールの力を借りるという「概念」ですね。

以前の私もそうだったのですが、「自分でボールを打たなきゃ」となると前陣でボールをさばけません。(自分でスイングするとプレースピードは落ちてしまう)

前陣でプレーするために相手のボールが飛んできてー、自分のラケット・ラバーに「反発」して「返す」、むしろ「返る」。

この感覚を持つだけで、一般の方とはだいぶ卓球脳自体が変わってきます。

プラス、前陣でプレーするために必要な概念になります(練習たくさんできるなら、速く動くってのもありますが・・・)

次に「緩急」ですね。



小柄な選手というのはどうしてもパワーが不足してしまうので、別の要素で点を取りに行ったり

相手のバランスを崩し切ってから、強打を打ち込む必要があります。

これが上手なのが及川選手(専修大学)ですね。


この2つは「考え方」なので、究極、練習をしなくてもちょっと意識するだけで出来ます(もちろん精度の問題はありますが・・・)

練習がたくさんできるなら「素早いフットワーク」も身につけたいところですが、それはなかなか難しいので、この2つをチョイスさせていただきました。

参考になれば幸いです^^