コメントをいただきました。
-----
毎日、楽しみにブログと動画を拝見しています。
自分は中国式ペンを使用していますが、練習で裏面打法を多用するこがあり(フォア:4、バック:6)の割合で練習後は肘付近に痺れや痛みがあります。30代前半という年齢のことや月に2~3回しか練習ができていないことを考慮し軽量ラケットと両面ライトテンション(中)に変更したのですがやはり練習後は少し痛みがあります。あまり、今回の動画とは関係ないのですが原因や対策などがありましたら教えて下さい。
-----
コメントありがとうございます。

ハッキリ言うて、この類のものは「見ないと分からない」んですが

身体を「間違って使用している」可能性が結構あるんじゃないかなと思います。
(あと痛みが出てしまってるなら、まずは病院へ)



卓球以外のスポーツの現場でも、トップ層の身体感覚が間違って伝わることがかなり多くあるそうです。




で、裏面についてですが片面ペンドラからの移行だとすれば

腕と手の向きに気を付けてみたらいいかもしれません。

シェークのほうが自然な腕と手の向きが実践しやすいので、まずはシェークのバックで感覚をつかんで→ペン裏面に移行する(練習の中で5分10分やってからペン裏面をやる程度でもOKだと)

是非試してみてください。