先日のライブで出た質問で

「卓球が強くなるために犠牲は必要ですか?」

という質問がありました。

50:05~です。

 


量と質についての関連記事
WRM動画で人気のスーパー小学生が急成長した時期とその練習法 

私自身も気を付けたいなと思いますが、ある程度の「成果」を出すために絶対値としての量は必要になると思います。

それを「犠牲」と考えるのか「条件」と考えるのか「投資」と考えるのかは人それぞれだと思いますが・・・

ただ、何事も初期は特に「量」をある程度先行させたほうが結果が出やすいと感じます。


ま、そこから「質」に転化するタイミングや「質」について考えなければならないタイミングというのが存在するのもまた事実で・・・

日本のトップ層に位置する人たちというのは「量」はそこまで大差ないので、環境や意識による「質」が大きく変わってくると思います。

私はこの部分が足りなかったと思いますし、出来ないテクニックも多くあったので、できない→出来るに転化させるために練習時間を使うことが大学生まであったので、本当のトップ層に行けなかったのかなと思います。


量と質の話第2弾。量は測れる・質は測れない 


量と質、どちらが大事か?第3弾