コメントをいただきました。
-----
シェークを使用している者です。
たまにの練習機会に長時間のマシン練習や長時間のサーブ練習など、同じ動作を何度も繰り返すような練習をすると、ラケットハンドのラケットが当たっている部分である、中指の第二関節(真ん中の関節)辺りが痛くなってしまいます。余計な力を入れていないつもりでも痛くなってしまいます。
これはその練習をやりすぎ!という合図なのでしょうか?
ほぼ毎日練習をしている上級者の方でもこのようなことになることはあるのでしょうか?

教えて下さい。
-----
コメントありがとうございます。

これは、僕じゃなくてお医者さんに聞いたほうがいいことかもしれませんね(笑)

痛みというのは信号だと思いますが(専門家じゃないので、そっちの方いたら教えてください)

筋肉ではなく骨に痛みが出る&30分~1時間程度の練習で痛みが出るなら、間違った使い方の可能性が高いのかなと思います。

2時間以上同じ練習ということであれば、単純に使いすぎという面が大きいのかなと。


これもめちゃくちゃ判断が難しいことですね。

そもそも「どれくらい」からが長時間の練習なのか?

自分の感覚としては同じメニューを1時間以上やると長時間の部類に入るかなぁという感覚です。

これは人それぞれなので、どれが長時間かは難しいですよね。


回答になっていないかもですが、そもそも身体を痛めてやることではないので、痛みが出たら違う練習をしたほうがいいかと思います。