コメントをいただきました。
-----
いつも拝見しております。
「変なスピンがかかる」とありましたが、どこからが変なスピンなんでしょうか。

逆に、大学〜社会人で全国出るような上級者の人達はどれくらい純粋な上回転になってるんでしょうか!?

我々一般層では例えばフォアドライブが多少なりナチュラルにカーブしたりシュートする人がほとんどで、逆に純粋な上回転!と言う人はあんまりいないような気がします。

んで冒頭に戻るんですが、変なスピン→スイングが変、の判断基準としての「普通と変の境目」が知りたいです。(数値化は難しいとは思うけど、例えば例えば純粋な上回転が90°だとしたら、90°±5度とか。)

まあ癖玉でも入れば正義だとは思うんですが、技術の1つとして「綺麗な上回転の打ち方」を身につけようと思った時、アウトプット(回転の向き)が正解なのかどうか自分で判断するための指標があったらいいなと思います
-----
コメントありがとうございます。

まずドライブの時は、ほとんどの人が横回転が多少なりとも入るので、それはOKです。


重要なのはその一歩前の所謂、基本打法(フォア、バック、ツッツキ)



この段階で横回転が入るとマズいことになります。

というのも、技術の発展が難しいからです。

上回転を上回転で返すときに、スイングの力で無理やり横回転が入って返していると

それよりもスイングの力(エネルギー)が必要になる、下回転を上回転で返す(ドライブ)技術をやろうとしたときに、もっともっと力が必要になるので

初級者層や高齢者層、レディース層にはほぼ無理!みたいな状態になるんですね。



見た目での境界線を作るのは非常に難しい


というのも人によって見る目が全然違ってくるからです。


なので境目が欲しいということであれば、「当たって返るか」




木べらでボールが「当てて返せるか」が一番簡単な判断基準になると思います。


実はこのコメントをいただいて、とても良いコメントだなぁと思いましたので

「基本打法に横回転入ったら危険」動画を撮影しました。


近日中に公開予定なので、危険な基礎打ち(技術の発展が見込みづらい)を回避したい人は

ぜひご覧ください^^