先日、やっすんとの撮影で(ひたすら引き合い)


私とやっすんのドライブについて考える機会がありました。


皆さん、ご存じとは思いますが、やっすんはガンガン攻撃的な卓球、ドライブも「打つ」ドライブなわけですね。




対して、私は「返す」ドライブを主に使用します。

ニュアンスがひっじょーに難しいのですが、高い打点で打ち込むというよりは

ボールをやや落とし、相手のボールの力を借りながら打つことが多いです。


一番分かりやすいのはこの動画だと思います(シェークですが・・・)



打つドライブは決定力は高いですが、高い打点で捉えなければならないためリスクもそれだけ高くなります。簡単に言うと、ミスも多くなるよってやつですね。


返すドライブはどちらかと言えば攻撃というよりも守備。

相手をブロックの守勢に追い込んだり、打たれても後ろから思いきり引き返すなど。

守備をしつつ攻撃するという便利な能力を持っています。

ただ格上に通用しなかったり、ブロックマンに振り回されてしまうといった面もあるので

守備的なドライブだけでなく、どこかで攻撃的な「打つ」ドライブも混ぜていくことが必要になると考えます。

自分としては「返す」ドライブを覚えたほうが安定して勝てるので、そちらを優先して覚えてほしいところですが

「返す」ドライブは基本的に打点を落として打ったり、もう一本返ってきたりすることが多いので

どうしてもフットワークが必要になってくるんですよね。


習得難易度と実戦での便利度が大体あべこべなところが卓球の難しいところです。。。