コメントをいただきました。
-----
私のような底辺層にとっては、「粘り」というのは所謂“当てポン”でも成り立つんですよね。実際ミスってくれますし。

しかし、この記事の内容を踏まえると、Xiaさんレベルになると前進回転を入れてボールを伸ばす上で、なるべく深いところに送って、「好き勝手に打たせない」ことも含めて、はじめて『粘り強さ』と評価されるのでしょうね。
底辺層からするとXiaさんの粘りドライブすら、押し込まれてミスっちゃうんでしょう。

技術レベルの差を感じさせられます。
-----
コメントありがとうございます。

「粘り」だったり

「ドライブ」というのは

技術レベルによって、感覚が違ってきますよね。


コメントに書かれている底辺層の粘りというのは上級層からしたら、ただのチャンスボールかもしれませんし

上級層の粘りは底辺層からしたら「すごい回転のかかったドライブ」かもしれません。(かもしれませんというか、だいぶその可能性が高い・・・)

件名についてですが

私が感じる腰より下に落ちたボールの処理が上手い選手は・・・



ティモボル選手です!

張本選手が対戦相手なので余計に分かりやすいですね。

ボールが「落とせる」というだけで、かなり余裕のある戦いができるのかなと思います。

Xia論法的に言うと「時間を作れる」ので、精神的な焦りというのも少なくなるような気がします。


最近、ボールが「落とせる」か否かというのが張本選手と中国選手の違いなんじゃないかと感じています。高い打球点での高速卓球はもちろん素晴らしいのですが、そこでしか打てないとなると

高い打球点で打っても入る確率が低いボールに対しては博打になってしまいます。

そうすると安定感のあるプレーヤーにコロッと負けたり、中国選手を連破するというのは難しいのではないか?そう感じています。

まあ、こういったプレーヤーにそもそも僕が意見する筋合いないんですがね・・・

意見ではなく研究・感想ということで。