コメントをいただきました。
-----
Xiaさんこんにちは。
今度は「苦手」ではなく「違反」に関してです。Xiaさんは
「サービスのトスが上がってないです。フォルトとって下さい。」
といったことを審判や相手に言ったことはありますか?

強い人は
「日本では言ったところであんまりとってくれないことの方がほとんど。
 違反かもしれないけどこれはもう受け入れてやるしかない。」
とちゃんと割り切って試合してらっしゃいますね。

これが
「違反サービスに負けた!」
という初級者のマインドだといつまで経っても成長しないと思います。

私もわだかまりを抱えつつ
「違反サービスは全日本選手権でもない限り合法!」
と割り切って"違反サービスの返し方を研究する"という
行動をとるようになってから試合運びがよくなりました。

「誰も教えてくれない」ことは自分で気づくしかありませんね。
-----
コメントありがとうございます。

私は相手が違反サーブだからと審判に言ったことはないですね。

審判にアクションした記憶があるのは
高校2年生の時のインターハイ団体の1回戦で甲府工業と対戦したとき

サーブがネットにかかった!と思って手を挙げて主張しながらネットミス(ここでミスらなきゃよかった(笑))0-0の9-9だったか、1-0の9-9という大事な場面で相手に点数が入りました。

ネットでしたよ。と審判に主張しましたが判定は覆りませんでした。
(そもそも団体戦は監督に抗議権があったような・・・)

これ以外は基本的にボールを打ちながらの抗議になるので、大揉めしたことはありませんし

審判に判断を委ねてどうなるかを待ってるだけなので、、、


ただ公式審判員がいるという前提の話になりますよね。


基本的に県大会くらいまでだったら相互審判になり、選手とベンチコーチ、そして審判の卓球ルールの知識だったり、モラルだったりによるので、なかなか判断が難しいと思います。


そもそもある程度、上級層になれば、ルールを理解しているとか全国大会に出ているので

明らかに違反やん。。。

こういうことはめちゃくちゃ少なくなってきます。


うーん、違反かどうかめちゃくちゃグレーやから言ったとしても審判に判断を任せるしかない。

そういう状況が多いのかなと思います。


ただ、これをモノにしたい!そういう試合は抗議もそれなりに出てくるのかなと。


最近の記憶では世界選手権の代表選考会決勝戦で

𠮷田選手と森薗選手の試合で吉田選手が「見えない!」とアピールしましたよね。


同じチームですし、ほかの大会でも対戦しているのに、この1戦はやっぱり人生かかってるくらい大事だよなぁと感じました。
(まあ、このレベルの人たちは全日本選手権出るの当たり前だから、世界選手権以外はいつもの試合って感覚かもしれませんね)



𠮷田選手がアピールしたのが18:40です。


ルールをしっかり把握する、とても大事なことですので地域の卓球協会などでルールの把握&徹底する場が設けられてもいいかもしれませんね。

ただ、結局「見てどうなん?」というのはその場の人の感覚で判断するしかないので

他人をコントロールするより、自分が返球できるようになって普通に勝ちにつなげていくという解決法が一番楽かもしれませんね。