コメントをいただきました。
-----
初級者レベルの内容ですが、質問させてください。 
よく言われる、「台から出るサーブは打たれる」「台から出るサーブは積極的に打とう」とは、どういう意味なのでしょうか。 
相手にツッツキまたはストップさせようとして、短い下回転サーブを出すつもりだったが、失敗して台から出てしまったために打たれた、というケースを想定しています。(ロングサーブにうまく対応されて打たれた、というのとはまた意味合いが違うかなと思いました。) 
と言いますのも、台から出るサーブを打つ練習をしているのですが、なかなか上手く行きません。そこで、台から出るとなぜ打たれるのか、台から出ると出ないとでは何が違うのかということをヒントにしたいのです。 
仮説①台から出るかどうかというより、打つ側が十分に引き付けられるかどうかの問題。 
この場合、台から出ないボールであっても、例えば自分のバックストレートに来た球に対して大きく回り込んでエンドラインの内側でスイング出来れば、打てる? 
仮説②下から上にスイングする際に、ラケットを台にぶつけないかという問題。 
この場合、エンドラインを越えないボールであっても、例えば自分のフォアサイドを切ってくるようなコースであれば、フォアサイドラインの外側で下から上にスイングできるので、打てる? 
或いはその両方か、また別のポイントがあるのでしょうか?宜しくお願い致します。 
-----
コメントありがとうございます。


まず最初に難しく考えすぎるとうまくいくものもうまくいかなくなりますので、、、


普通に相手のサーブが台からボールが1バウンドで出て、こちら側にドライブできるチャンスを与えてくれたから打ちなよって意味です。基本的には。

1バウンドで台から出るサーブをツッツキやストップなど台上で使う技術で対応してしまうと、それはそれで難しいので。


ただ、このテクニック(台から出るサーブをドライブする)は結構難易度が高いものだと私は思っております。

というのも




ドライブをするための準備として、自分のコートにバウンドしてからでは遅いからです。


とすると、「相手のサーブが1バウンドで出るぞ!」ということを相手が打球した瞬間や相手コートにある状態で察知しなければいけないわけですね。


注:ちなみにサーブが2バウンドに抑えて出せないという人もいる。だから積極的に打っていけと言っているのかもしれませんね。


エンドラインから出るボールとサイドラインから出るボールは多少の違いはもちろんありますが


基本的にはサイドライン側に出るボールのほうが簡単だと思います(卓球台が邪魔になりにくいため)






この記事が何かの参考になれば幸いです。