コメントをいただきました。
-----
バック表ですが主にブロックをしていてドライブやミート打ちが出来ない社会人です。 
少ない練習時間でバックを練習してきますが、バックを意識した瞬間意識が拡散して全体のバランスが崩れ負けが込むようになりました。 

あまり練習できない環境下で弱点を克服したい時シャーさんはどのようなアプローチをとっていますか? 
私は多くをいきなり行おうとせず、ミートならミートドライブならドライブに絞って集中的に練習をしようと思います。
-----
コメントありがとうございます。

卓球の場合、打てないことが「弱点」になるのか「長所」になるかは表裏一体なので
(全然打ってこないからやりづらい!ミスが少ない!といった長所になる可能性もある)

まずは一概に弱点だーと考えなくてもいいかなと思います。




例えば、片面ペンホルダーはバック技術の幅が少ない

ですが、逆に考えると習得する技術が絞られるといった利点もあります。
(まあ、トップ層では技術が少ないと狙われちゃうんですけどね。ただ、初中級者層だとミスが少ないということが脅威になる)

質問者さんのコメントのように部分的にでもプレーバランスを変えると、全体がうまくいかないというのは往々にしてあります。

これは仕方ないことです。

で、


私の弱点克服法?の例ですが

試合でそのボールが来た瞬間にミス!みたいな壊滅状態であれば、まずはそれを練習します。
例えばバックにドライブをかけられた瞬間に1球も入らないくらいブロックでミスしてしまうとかだったら、まずはブロックを練習するということです。



次に何とか返せる、相手にとってチャンスになる可能性がある。
例えば、バックにドライブをかけられたらブロックしかできない。
そういう状態の弱点であれば試合中にそれを使わないような戦術を考えたりして、使う回数を減らす。
先にドライブをかける作戦だったり、ツッツくときはフォアに送ってボールをフォアに誘うといった他処方ですね。


質問者さんの弱点具合がどんな状況かわからないのですが


卓球の場合は「苦手」なことがあっても、それを使わないとか使用回数を減らすという戦術でカバーできる面もあるので、そういった対処法を考えてもいいと思います。

それこそ練習できない社会人の対処というのは後者のほうが効率がいいのかなと思います。