コメントをいただきました。
-----
身長によるプレースタイルの違いについての質問です。身長が低めだと前陣(森園選手など)、平均だと前陣寄り(平野友樹選手など)、高いと少し後ろに下がる(サムソノフ) 傾向が高いように感じていました。しかしよく見れば、及川選手やピットフォード選手などは傾向とは真逆のスタイルだと思いました。結局は身長によっては,やりやすいやりづらいがあるだけで、戦術や技術に関しては一貫したものがあるとみるべきでしょうか? 
または身長によるベターなスタイルはあるのでしょうか?こうした方がいいよと言った勝ちやすいスタイル(県出場〜全国出場くらい)です。
-----
コメントありがとうございます。

県出場~全国出場くらいであれば、体格による戦型選びで大きな差が出るとは考えづらいです。

というのも、卓球で勝つための初期段階はフィジカルよりもテクニックの部分、知識の部分、用具の部分の占める割合がかなり大きいからです。
(最後はフィジカルの部分が大きい)

※参考動画




卓球で大きな成果を出すために必要な3つのセット 


7つの習慣で

ツールセット

スキルセット

マインドセット

と大きな成果を出すために3つの要素があると紹介されているのですが、


卓球の場合はツール(用具)である程度勝ててしまえますし

そのうえでスキル(技術)を習得すれば、レベルアップします。

マインドセット(考え方)は、なぜこの技術を習得するのか?といったものなので
自分に必要なものや、勝ちたいレベルで習得すべき技能などの取捨選択になります。


フィジカルはこの上に乗っかってくるものかなと。


もちろん練習をこなすための体力や最低限健康であるというフィジカルは必要ですが

全国出場くらいであればムキムキである必要は全くありません。


私は筋トレやランニングの類は大嫌いだったもので・・・(だから全国トップになれなかったかもしれません)