コメントをいただきました。
-----
未就学児に教えるのは難しいですよね。 
ぶっきらぼうにパチンと打ってしまうことがあり 
リズム感良く連打で打てません。 
引き付けて打つように言ったのですが言葉にはできず。 
以前xiaさんは息子さんにはやらせないと仰っていましたが、やりそうですね!
-----
コメントありがとうございます。

卓球上級者や優秀な指導者の感覚や言語化に取り組む中で、「言語」と「非言語」の両方で教えることだったり説明することの大事さを感じます。



言語の認識能力というのも、どうしたって差が出てくるものですし

それこそ大人と子供では全然違うというのは当たり前なので

質問者さんでいえば「引き付ける」をどのように説明するかは腕の見せ所だったりしますね。


言葉だったら

引き付けるって何なの?

どの場所まで引き付けるの?

どのポイントで打てばいいの?

こういったところがお子さんの?ポイントなのかなと思います。


私も最近、意識しているのですが喋るときに聞き手の「?がなるべく浮かばないようにする」



参考にしてるチャンネル「まこなり社長」


もちろん自分自身、「俺はトークがうまいぜー」なんて言うつもりはありません。


ただ、話を聞いている人が「うんうん分かる」であったり

対人の会話で「こいつ、うっぜー」というのは避けた方が絶対にいいので(当たり前)


何を伝えるか

どう伝えるか


最後に


誰が伝えるか(水谷選手と自分が話すのでは絶対的に説得力が違う)



「あ、Xiaさんがこう言ってるなら頑張ろう」「間違いない」

そう思われるように頑張りたいと思いますし、そういう人物を目指す以上は間違った情報を伝えたりだとか、そう伝わってしまうようなことは避けなければなと思います。