コメントをいただきました。
-----
シャーさんはオープン大会や大きな大会の予選などで自分より実力が低い選手と戦うことが多いと思いますが、そんな中で相手のこの技術がしっかりしてると実力差があっても試合が拮抗するなあという技術はありますか。 

もちろん卓球は各技術の総力戦で何かを磨いたからといって勝ちやすいというものではないかもしれませんが、格上に勝つために初中級が重点的に磨くべき技術があれば是非教えてください 
-----
コメントをいただきました。

自分より実力が低い

周りから見ればそういうことも多いかもしれませんが、常に必死でございます。


私的にやだなぁと思うのは「サーブ」「レシーブ」「ツッツキ」「ブロック」ですね。


やはりラリーの入口で対等に近い形でラリーが始まるとなると、こっちもプレッシャーがかかります。

卓球は一度相手を崩してしまえば、そのままドドドっと崩れていくスポーツなので

ラリーの入口で崩れがないと、3球目4球目など何かしらこっちもリスクを負っての崩しが必要になります。




次にツッツキ、ブロック

僕が攻撃していくタイプだからなのかもしれませんが

相手は動かずにしっかりとこっちの体勢を崩しにかかれるテクニックがツッツキ、ブロックだと思うんですよね。

どうしたってドライブってスイングしちゃうので、態勢の崩れが起きます。(いっぱい練習してる人やトッププレーヤーは崩れません)


要はラリーの入口をしっかり制しましょうってことと、自分から大崩れしないようにってのが卓球の大前提としてあるってことですね。

1ミスは即1失点になってしまいますので。


そういった意味でも、この動画のスタイルを推奨しています。


正直、浮いた球をバチコーンって打つのは上級者も初中級者もあんまり変わらないんでね。

いかに自分がチャンスボールと思えるボールを来させるか、先にミスしないか。

それが大事なスポーツだと思います

この記事が何かの参考になれば幸いです。