今更、世界卓球をYouTubeで見返して(仕事で全然リアルタイム&テレビでは追えず)

馬龍の「受け」の強さ、上手さというところに目が行きました。





レシーブでちょっと浮いても、卓球台と絶妙な距離の取り方で返球しつつ

相手に連続攻撃をさせないんですよね。


カルデラノ選手の「ちょいフリック」と「フリック強打」が混ざってもどちらにも対応してます。

これは馬龍選手の受けのうまさ、1球前のボールに対して卓球台との距離の取り方が凄く上手いんだなと感じました。


本当の強打を打ち込むことが出来ない限り、馬龍選手からポイントを取るのはかなり難しいと思います。

100%に近い打球というのはミスのリスクもあるし、自分の状態も良くないといけないので中々打てないですけどね。





この試合も序盤からファルクのロングサーブを思い切り打ち抜いたり、台上でミドルにフリックされたのを普通にドライブで盛り返したりと受けの強さ、上手さが目立ちます。

4セット目を逆転で取ると、心に余裕が生まれたのか

レシーブストップがビシビシに止まり始めて、ファルクが全然というか余計に攻めて行けなくなります。

プラス、台の中央にボールを寄せることでファルクのバックドライブの先手どりを防いだり、カウンタースマッシュを防いだりと戦術面まで盤石状態。


馬龍の技術の高さ、戦術面の能力を見せつけられた世界卓球でした。