コメントをいただきました
-----
いつも動画ありがとうございます
よくペンはサーブや台上がうまいとききますがどちらの技術もシェークに比べてバリエーションが少ない気がします
にもかかわらずうまいといわれてますがxiaさんの考えが聞きたいです
特に異質の選手はさらに技術のレパートリーがさらに少なくなりやすいのでとても気になります

-----
コメントありがとうございます。

私も同意見です。


ある限定された場面ではペンの台上やサーブはシェークよりバリエーションが多いというか手首の可動が広い場面がありますが。あとはレベルがそこまで高くない場合。





フォア側にしか来ないとか。



いわゆる、順横系のサーブとか。


ただ、こういう場面は少なかったり、なんならダブルスでもバックで回り込めるし。

バックで3球目を狙いたい場合は逆横系のサーブを出した方が都合がいいです。(詳しくは省きます)


異質ともなれば、回転の要素が少し減るので、違うところでバリエーションを出す必要がありますね。まあ、これは用具の特性なので、ちょっと別ですが。

今は片面ペンの卓球で相手に勝つ!という面ではいいところを探す方が難しいですね。

まあ、僕的には今更シェークに変えるのもダサいというのとプレーはカッコいいというポリシーでやってます。

その厳しいところで勝てれば周りの評価はうなぎのぼりです。笑