コメントをいただきました。
-----
レシーブの時の”待ち”を知りたいです。何が言いたいかと言うと、xiaさんはレシーブの時はショートサーブ、ロングサーブどちらの対応にウェイトを置いていますか?自分はストップを主体にレシーブするためショートサーブを待っているとバックに長く詰められてレシーブミスをすることがあります。次の試合はロングサーブを待ってみようかと思っているのですが、xiaさんはどんな感じなのか知りたいです。そもそもそんな待ち方をしていないのかもしれませんが...
-----
コメントありがとうございます。


自分はまず「どこに」「どんな」ボールが来るかをある程度待ちます。

ボールのポジションに入らないことには打てませんし、回転が思い切り間違ってたら即失点してしまうので・・・で、「どこに」はこんな感じで待ってます。

IMG_20190330_154809



片面のペンホルダーなので、フォアハンドを警戒されると大体サーブの振り分けがこんな感じになるので、それに合わせて待つ感じですね。

「ペン殺し」を分かってる人だとこういう感じです。

IMG_20190330_154838


この待ちについては、自分の戦型、対戦相手によって変わります。なので、自分なりの待ち比率を見つけてください。まあ、7.8割はバックにボールが集まってくると思いますが。

次に回転の「待ち」、自分がやる技術の「待ち」ですね。

要は「~回転が来るだろうなー」と「ツッツキかストップしよう」ということです。

回転の待ちというのは完璧に相手ありきなので、スイングなどから察します。

自分がやる技術に関しては大体「ツッツキかストップ」をやる気でいるのですが、相手が上回転や横回転ばっかり出してくるときには使いづらいので、そういう場合には変更します。


まあ、「どこに」「どんな」ボールが来るかある程度、目星をつけておいて

自分が「どんな」レシーブするか、大体決めている。

という3点になります。

私は戦型的にも技術が偏ってますし、そこまで器用なタイプじゃないので、ある程度決め打ちしている状態ということです。

器用な選手はボールに技術を合わせる、器用じゃない選手は技術にボールを合わせる

何かの参考になれば幸いです。