コメントをいただきました。
-----
ツッツキをループドライブするとき、球はよく見ているつもりですが、10球中6球くらいが空振りをしてしまうか、ラケットの角に当たってしまいます。どのような原因があると思いますか?よろしくお願いします。
-----
コメントありがとうございます。


これは「卓球あるある」の1つですが、ボールを良く見てしまうとプレーは上手くいかなくなるんですね。



若干、内容が違うのですが

いわゆる「目の使い方」で、「中心視野」と「周辺視野」という2つの使い方があります。


中心視野は解像度が高く、物体の動きには弱いです

周辺視野は解像度が低く、物体の動きに強いです


車を運転する人はほとんどが周辺視野を自然に使っています(そうじゃないともっともっと事故が増えているはず・・・)

あとはボールをよく見て「上手くいってない」という現実があるなら、それは上手くいかない方法の可能性が高いので、いったん「やり方」を変えるという考え方もオススメします。

ボールをよく見て→上手くいかない

ボールをもっともっとよく見る→?

ボールをあんまり見ない→?


もちろん、普段から「ボールをよく見る」がクセついてしまっているので、見ない方法でやっても最初は上手くいかないと思いますが、

人間の体の使い方や、既に指導の現場で効果が出ているので是非「ボールをあんまり見ない」方法でチャレンジしてもらえたらなと思います。