先日、東京選手権前&全国選抜前ってことで先生からお願いされ

幕張総合高校に練習相手に行ってきました。




そこで、とある男子選手から「3球目攻撃」の考え方を教えてほしい。

ということで

良いときは「腕がリラックスした状態」

良くないときは「力が入っちゃう」「打てる球が来ない」になってしまうとのこと。

まずは状況の整理。

「身体の状態」
●力が入ってるとき→腕に力が入っちゃう
●力が抜けてるとき→股関節を使ってる感覚がある

「打てる球はどんなボールか」
1、バック側に
2、下回転

が来ると打ちやすい。
→「どうやったら」来るのか?

私も腕に力が入ってしまうことが多々あるので、

「俺はここを触ると腕の力が抜ける感覚あるから」と、あるルーティンワークを取り入れています。

なので高校生にも「自分なりの腕の力が抜けるおまじない」を作ることをオススメしました。







武井壮さんは偶然調子が悪い日をなくそうと思って自分のデータを調べてたそうです。

9:40~です




問題解決の前(今回は腕に力が入る、打てるボールが来ない)に

まずは「何が問題になっているか知る」「良い時と悪い時の状態を知る」ということを実践しました。

もし、調子が悪くて試合に負けた悔しい経験があるなら、まずは調子が良い時と悪い時の状態を知る。

これだけでも調子が悪い時を避ける可能性がぐっと上がります。

是非参考にしてみてください。