コメントをいただきました。
-----
Xiaさん、ありがとうございます。 
質問です。 
以前の動画であげておられたナックルフリック(下回転をナックル)の場合は、 
頂点すぐ後ろ(借力が消えて、バウンド後の高い位置)で触られているようですが、 
認識有っていますでしょうか。 
参考[相手が思わずネットミスしてしまう重いナックルフリックの打ち方【ペン卓球知恵袋】]
-----
コメントありがとうございます。



打球ポイントに関して言えば、認識は合っています。

もちろん、どの打球ポイントで打ってもナックルフリック(というか色んな技術自体)出来ないわけではないんですが「難易度が上がる」ってだけなので。

ただ、難易度と相手へのプレッシャーはまた別問題でして・・・

やっぱり早い打点で押し込んだ方が相手の時間を奪うことが出来ます。

そしてナックルフリックの場合、打点を落とし過ぎてしまうと

ボールが山なりになってしまい、そもそも動画のように打っても相手が落とすようなナックルにならないということも起きます。

ある程度、高い打点で直線的に相手に差し込むような軌道でないとナックルフリック自体の恩恵(相手がネットミス、ボールを持ち上げるなど)が受けられなくなってしまうんですね。

技術を覚えることはもちろんですが、その技術を使って

どんな「効果」を期待しているのか、どんな「目的」でその技術を使っているのか

その部分が大事なんだと思います。