おはようございます。

最近、自分が運営するコミュニティで「予測スピード」についての議論が結構活発でして、それを体得するにはどうすればいいんだろうかね~と色々考えているのですが、



予測スピードというのはXia論法で
「自分の打球から相手の打球を先読み」する能力の事を指します。

水谷選手とかは良く言われてますよね。

「読みが鋭いですねー」みたいなこと。

ただ、試合の流れでの閃きとは違います。

ここでの基本はあくまで「自分の打球から相手の打球を先読み」することなので。


卓球は野球と違って「ハイ攻撃ー。ハイ守備ー」みたいにキッチリ分かれてなく、物凄いスピードで攻守が入れ替わる面があります。

ミスしたら即点が相手に入ってしまうので、名前をつけるとしたら攻守一体ではなく守攻一体かな?(そんな言葉ねーよ。造語です。)



で、「どうやったら相手のボールを読む、読もうとする」のかなー。ってずっと考えてるのですが

いわゆる、「相手が打ったボールを受けて立つ」タイプのカットマンを少しの時間でもいいから体験したら、ちょっとは変わるんじゃないかなーと思っているんです。


これは「相手の返球を読む」ためのエクササイズとしての提案なので、本当にカットマンになれ。ということではありません。

卓球は人間の反応速度を超える、ボールが結構返ってきますから、そういうボールを返そうと思ったら「相手の打球を読む」しかないんですね。

で、そういう人間の反応速度を超えるボールを受ける機会が一番多いのはカットマンかなと思うわけです。

ただ、カットのテクニック自体がまず難しい。

そうなると練習として「守攻一体」を体験するフィールドにいくまでがめちゃくちゃ難しいという問題がまずあるんですがね・・・