おはようございます!

先日、公開した
【誰も教えてくれないシリーズ】上級者だけが知っている7つの回転「感覚」とは?【卓球知恵袋】



再生回数も高評価もいただけて非常にうれしく思っております。

これは返球の流れの中で「回転がどのように変化していくか」というものを紹介した動画です。

で、卓球というのは大まかに「縦回転」と「横回転」(完全な無回転はほぼ存在しない)に分けられます。

その組み合わせで横上とか横下という回転になるわけですね。

じゃあ、ラリー中はどうなんだ?ってなると

ほぼほぼ「縦回転」のラリーになります→前進回転か後進回転がほとんどってことね

じゃあ、「縦回転」のボールが来た時に返しやすい方法を知っているか?というとほとんどの人が知らないんですね。

もっと言うと

「縦回転」のボールはラリー中には基本的に「縦回転」で返すことが多くなりますから

前進を前進で返す(ロング、ドライブ)

前進を後進で返す(カット)

後進を前進で返す(ドライブ)

後進を後進で返す(ツッツキ)

ボールの持っている特性と技術特性から「返しやすい」ポイントやタイミングが存在します。


これは横回転で考えた方が楽かもしれません。

右に飛んでいくから右に飛ばないような角度を作ろうとか、そういうことです。


この縦回転の法則動画を作成中で、なかなか面白い感じに仕上がったんですが

情報量が多くて、若干撮り直しをしたほうがいいなという状態です。

タイミング的には2週間後?くらいに公開予定なので楽しみにしててくださいね^^