コメントをいただきました。
-----
今まであまり気にならなかったのですが、できる技術が増えてきて、試合中にどの技術を使おうか迷ってしまうことがあります。 
次に使う技術はあらかじめ決めておくのがいいのか、相手の返球によって考えた方がいいのか、もしくは他の方法なのかを教えてほしいです。
-----
コメントありがとうございます。

まず、卓球は非常にはやいスポーツなので「相手の返球に合わせる」というのは難しいです。
考えてから手を出そうとすることは遅れにつながり、それは最終的にミスを招きますので。


まずチェックポイントとして
1、ざっくり戦略を決めておく
2、相手をハメられる高い技術のものがあれば、ハメにいく
3、2がないのであれば、相手と自分を比較して苦手なところや勝てそうなところで勝負する

卓球は対人競技なので正解は存在しないのですが、、、

●ざっくり「戦略」を決めておく
これは、まず自分を知るという作業が必要になるのですが
上回転の展開が得意だから、ラリーの入口は上回転サーブ主体とかレシーブもチキータとか軽くボールを起こして始めるといった大きな枠組みですね。
こういうのは私みたいな不便を抱えるプレーヤーのほうが決めやすいんですよね。ペンでフォアを多く使いたいのに、速い展開から始まるラリー展開は最初から省かれるので。

例えで戦国時代の武将の戦略を出すとしたら
「まずは相手に攻めさせて疲れさせよう」みたいな感じですね。

で、こういう大枠の企画を実行に移すのが戦術です。
「城の周りを水で囲む」とか「迷宮仕立てにする」とか「石をめっちゃ積む」とかです。

で、戦術の質というのが
「城の周りを1m囲むのか10m囲むのか」って話です。

この戦略をざっくり決めておかないと余計なことばっかりしちゃうので、ここをまず決めることと
卓球は色々な対戦相手(シェーク、カット、ツブ)がいるので、そういった相手によるざっくり戦略も用意が必要です。

この動画は「戦略」に応じた用具変更ですね。






●相手をハメられる高い技術のものがあれば、ハメにいく
もし、自分が下回転を出してツッツキしか出来ない。みたいな技術力の差ががっつり出る部分を見つけたなら、どんどん使っていけばいいと思います。
まあ、下回転打ちが苦手だったら使わないほうがいいですけど。

●2がないのであれば、苦手なところや勝てそうなところで勝負する
「相手をハメられる高い技術のものがあれば、ハメにいく」これがないのであれば、読みやすいものであったり自分がやりやすいような展開で勝負すればいいかなと。
自分なんかは現役の時はハメにいってましたけど、今は技術力がないので、相手のテクニックに合わせて読みやすいラリー展開で自分がどう点を取るか?みたいなことが多いですね。

気を付けてほしいのは、なんというか「同調」というか優しく合わせるという意味での合わせるではなく先読みしやすいような展開で待ち構える、誘い込むという意識ですかね。

以前のブログにどういう場所で勝負するか。みたいなことをザックリ書いてますので参考までに

試合で勝ちたい方へ…長所対短所、長所対長所、短所対短所で勝負する


要は別に自分の得意な場所を出すだけが試合じゃないってことですね。

勝てる場所で試合すればいいだけなので。


ペンドラ対ペンドラだったら

フォア(長所)対バック(短所)、これが理想ですがお互いそれをやりたいわけなので、この場面に行くまでのシビアな先手争いでミスを重ねてしまうなら

フォア(長所)対フォア(長所)

バック(短所)対バック(短所)

の勝てるところで勝負すればいいやんっていう単純なお話・・・

自分の長所と相手の短所で負けるなら、どうやっても勝てないので、あとは練習っていうこれまた単純なお話・・・