コメントをいただきました。
-----
xiaさん 
こんばんは。 
講習会ではバックドライブで憑依合体した者です。 
あの時教えていただきありがとうございます! 
あれから練習したのですが、感覚少しずつ変わってく感じがしました。 
憑依合体後から30分間はxiaさんがいるような感覚になりました笑笑 
本当にありがとうございました。 
講習会も勉強になりました! 
-----
コメントありがとうございます。

憑依合体動画






で、件名に書いた「パワーレベリング」というのはゲーム業界の用語らしく、
-----
主にオンラインゲームなどの多人数参加型ゲームで使われる用語のひとつ。 自分より高いレベルのプレイヤーの手伝いにより、通常のプレイよりも早くレベルを上げる行為を指す言葉です。 略して「PL」と呼ばれるほか、「養殖」と言われることも。
-----
だそうです。

ゲームはドラクエ6、テイルズオブデスティニー、スパロボFくらいで僕の歴史は終わってるので、好きな方とはお話できなそうです(汗)。


こちらの憑依合体練習はコメントの通り、私の身体感覚や打球感覚を一時的に共有する練習なので

一定時間過ぎてしまうと、どこかにいなくなってしまいます(笑)。

スーパーマリオのスター的な役割です(そこまで無敵ではないですけど)。


ここ最近、考えるのは卓球を上達させようと思うと送球者とアドバイスする人は別々のほうがいいなと感じています。

・打ちながらアドバイスや手取り足取りの指導を受ける
・お手本を見せる場合も送球者がいないと見せれないことがほとんど(レッスンを受ける人が正しく球を出せない)

ざっくり言うと、2対1で教えるという形ですね。

都内のレッスン場所では「個人レッスン」という形で1対1で教えるというスタイルが主流になっていますが、自分がもしこれからやるんだったら2対1でやろうかなと思います(笑)。

まあ、レッスン側の能力もありますし、受け取り側の能力もあるので2対1にしたら上達速度が変わるのか?と言われれば、色んな要因があるので何とも言えない部分もあります。