コメントをいただきました。
-----
公立の中学教員をしています。 
直近の大会では、県の上位に入ることができました。 
しかし、やはり上に行けば行くほど、レシーブ力の違いを思い知らされます。きれいにストップされたり、台から出たら打ち抜かれたり、フリックやチキータなど、レパートリーが多くて対応しきれません。反対にこちらも同じようなことをしても精度が違いすぎて、全て先手を取られます。 

なので、レシーブ力を上げる練習をしようとおもうのですが、どのような練習が効果的ですか? 
「色々な人のサーブを受けて経験を積む」しかないのでしょうか? 

返信よろしくお願いします。過去に同じような投稿がありましたら、申し訳ございません。
-----
コメントありがとうございます。

高いレベルで試合をしているので、基本的な角度の合わせ方とかこの回転が来たらこう合わせましょう。みたいなところは抜きで話していきます。

【そもそもレシーブ力とは】
何種類かあると思いますが
1、レシーブの精度
2、レシーブの種類の多さ
3、レシーブ後のブロック力の高さ

こういったところを総合してレシーブ力につながるのではないかと考えています。

なので、僕としては色々なサーブを取るということだけではなく、レシーブ→4球目の受けまで出来てくることによって結果的にレシーブも上手くなってくるので、レシーブからの展開練習もレシーブ能力向上に大きくかかわってくると考えます。

上の3つを軽くざっと説明しますと

そもそも、回転が分からないんですぅ~。みたいなところだったり、レシーブミス単体がとにかく多い!そういう人はレシーブの精度が低いと言えます。相手のサーブに対して、自分のテクニック(回転を見極めてツッツキとか)を合わせられないという状態。

レシーブを入れても、相手にぶち抜かれる。そんなときは精度と種類の複合ですかね。要はちゃんとツッツキが入ってるんだけど、ちょっと浮いてる。とか、ツッツキしかこないのを見破られてる。といった状態。

最後はレシーブ後のブロックとか守備力の高さです。「相手に打たれてもいいや」と「打たれないように厳しくレシーブしないと」とこういった精神状態の違いでもレシーブミスの量というのは変わってくるので、そもそもレシーブをしっかり出来るタイプというのは総じてそのあとのブロックとかラリーも上手いことがほとんどですね。


質問者さんのチームがどこに該当するかと言われれば、見てないので何とも言えないのですが

恐らく質問の内容からすると

2、もしくは3の強化をしていけばレシーブ力(守備力)全般が向上するような気がします。


なので、レシーブ技術や守備的技術単品の練習だけではなく

レシーブからのシステム練習を多く取り入れることをオススメします。


ちょっと主旨が違ってきますが、こういうことです。



私はペンホルダーなので「厳しいレシーブをして相手を崩し、フォアドライブを打つ」みたいなところが練習の目的になっています。

ただ、まずはレシーブして次のボールも余裕をもって返球するというところが第一歩だと思いますし

次の段階では相手から打たれたボールをしっかりブロックする。とかいないコース返すというのが次の段階になるかと思います。

レシーブやレシーブからの展開というのは、相手のボールを「受け」てからスタートするのでそもそも難しいし、身に付きづらいものです。

しかし、いったん身に付くとそれは安定感であったり負けづらさというものにつながってくるので、是非レシーブからの展開練習を1日に10分でも20分でも実践してほしいと思います。