コメントをいただきました。
-----
トレーニングの必要性について。 

別に自分が指導に関わってるわけではないですが、近所の中学では台が使えるにも関わらず、トレーニングの日が設定されているようです。トレーニングの必要性を否定するわけではありませんが、フィジカルコンタクトのないスポーツなので筋力、体力よりも技術の方が重要なのではないか?と個人的には思います。 
特に中学レベルで卓球に必要な体力、筋力は多球練習で追い込めば付けることが出来ると思います。 
トレーニングは台が使えない、もしくは練習後にやるべきだと思いますが、どう考えますか?
-----
コメントありがとうございます。

実はすでに書いたことがあるので、当時の記事を載せます。

テクニック対フィジカル 

思い出してほしいのですが、卓球経験者と未経験者では雲泥の差が基本的にあります。

フィジカル要素の強い、例えば陸上競技などでは「運動神経の悪い経験者」と「運動神経の良い未経験者」では運動神経の良い未経験者が運動会で勝つことはざらにありますよね。

でも、卓球ではほとんどない。

いくら運動神経が良くても、卓球をある程度やったことのある人に勝つのはめちゃくちゃ難易度が高いことです。

※運動神経が必要ないという話ではない

ということは卓球はフィジカル以外の要素がめちゃくちゃ多いということです。

代表的なところでいうと

「回転」「用具」

回転というのは未経験者が経験者には絶対勝てない「スポーツの理解」という部分ですし

用具は経験者同士であっても、要素が大きい部分です。



ざっと、まとめると


卓球は非常にチマチマしたスポーツであり

道具で道具を打ち合うスポーツなので

初期の段階ではラケットコントロールなどのテクニックが思い切り優先されるスポーツ

だと私は考えています。


まあ、そんな私も中学生のころは体育館を男子バレー部・女子バレー部と交代で使うという環境だったので、なんとなくランニングや体力トレーニングさせられていたのですが。


IMG_2885


もし、普通の中学生信勝を指導することになったら

とにかく球を打たせる

とにかく打球感覚を磨く

というところに特化して指導すると思います。


補足すると、フィジカルや運動神経が全く必要ないということではありません。

体力切れから集中力の低下につながり負けた試合も何度もありますし

運動神経がいいやつほど卓球の技術の物覚えも良いです。

ただ、卓球で手っ取り早く勝つためにそれらが最優先事項か?と言われれば

それは違うだろ。というのが私の考えですということですね。

この記事が何かの参考になれば幸いです。