コメントをいただきました。
-----
いつも記事を拝見してます。 

xiaさんと同じ世代で、同じくらいの子どもがいる者です。 

質問です。 
この記事だと【卓球で有名どころへ進学】することがメインになってますが、【勉強で進学】して卓球する、はどうなのでしょうか? 

学生時代は正直勝つのが難しいですが、例えば国立大卒でもマスターズだと全国区でも何人か物凄い強い方いらっしゃいますが、そういう方の方が最終的に実業団の選手とかより、雇用が安定してそうですし、長い目で見てどうなのかな?と 

xiaさんレベルからすると「国立大のレベルじゃ話にならないよ」ということなのか。 
少しお考えを教えていただきたいです。 
-----
コメントありがとうございます。


ほぼほぼ、この動画で言ってます。



実業団(日本リーグ)で卓球するにしても、基本は「会社に残れる」んですが

辞める人も多い?

というか辞める人にフォーカスが当たって、残ってる人にフォーカスが当たらないから必然的にそう見えるだけで。

実際はほとんどが「自主退職」です。

日本リーグに参戦している企業はそれだけ余力があるってことなので雇用は安定していると思います。


ただ、私の勝手な見解ですが

卓球って個人プレーだし、チーム戦とか結果がすぐに見えづらいものって卓球強かった人って嫌う傾向にあると思うんですよね。

だから会社員に向いてない人の方が多い気がします。(笑)


私も自分で言うのも何ですが、結構な社会不適合者だと思ってますし。


卓球で就職する→会社に残るor残らないは自由です。


ただ、自分が見た感じ卓球強い人はサラリーマン生活を嫌う傾向にあるかなと。(勝手な見解ですよ)



じゃあ、国立でマスターズや全国区で頑張る。

それは一つの「卓球との向き合い方」で全然良いと思います。

まあ、今のところ国立大で全国大会で活躍できないことはないけど世界選手権に出れるかと言えばそこまでは無理だよねって感じです。


まあ、僕は自分の子供に卓球やってほしいとか1ミリも思ってないですね。

勉強が苦手だった場合、スポーツで大学まで進む道はあるよと提示は出来ますが。

そのスポーツを選ぶ際にもわざわざ卓球を勧めるかと言えば、薦めないと思います。

色んな事をやった結果「卓球」を選んだならそれはそれでいいですけど。



どういう風に卓球に向き合うか?


それは15歳くらいに決めるのは難しいので、やっぱり18歳くらいの時点で

「こういう道もある」

「こういう道もある」

「こういう道もある」

ということを提示できる親でありたいと思います。


それこそ、専修大学ではなく明治や早稲田という選択肢は僕の頭の中になかったので

明治ってこんなとこだよ

早稲田ってこんなとこだよ

って教えてもらってれば、そこを目指したかもしれません。


要は「はい、こんな感じだよ」って手札みたいなものを出来ればたくさん出して

そのうえで「自分はこれを選びます」ってことが大事だと思ってます。


なので、卓球で明豊に行ったことも専修大学に行ったことも東信電気に行ったことも後悔はしてません。

もちろん今の状況にも後悔はありません。


ただ、子供に今の自分の道を勧めるかと言えば、全く勧めません。


それはそもそも違う人間なので得意なことも苦手なことも違います。

ただ、このルートはこんな感じだよ。

それでも子供がその道に進むのであればそれは全力で応援する親でありたいなと思うし

ドロップアウトしそうなときは「お前が選んだ道だろ」と厳しくすることもあれば

「その道は違ったんやな」と納得して違う道を応援することもあると思います。


とりとめのない話になりましたが、最後に


勉強は大事!特にちゃんと文字を理解できること