今回、準優勝した何佳卓

名前は何となく知っていましたが・・・じっくり見たのは今回が初めて




私が目を付けたのはバックハンドの打球範囲の広さ。

本来、異質ラバーを貼っている面というのは直線的に飛んでしまったりボールに弧線が作れずにといった形で上手に打てる打球範囲は狭くなるのが一般的なんですが・・・(いわゆる、おへその前で打ちましょう的な)

身体の外側に来たボールの対応がめちゃくちゃ上手いです。

左利きのバックストレートから来たボールをクロスに鋭角に打ち返す場面が何度もあります。


準決勝の丁寧戦でもそのシーンが多くありました。





主なスタイルは「1本でも多く返す系」、そして「前陣死守系」ですね。


結構、ミート打法も多く使いますが・・・伊藤選手のコピー選手?とかではないですよね?


バックの打球範囲の広さ以外には特に「すげー」と思う部分がなかったので、文章量がこの程度になってしまってるのですが・・・汗


異質ラバーの使用であそこまで打球範囲広く打てるのがそもそもだいぶ凄いですね。