コメントをいただきました。
-----
質問です。 
「入れながら攻める」を詳しく(出来れば実例で)教えて頂けたらと思います。 
宜しくお願い致します。
-----
コメントありがとうございます。

実例つきということでコチラをチョイスします。



まあ、簡単に言うと

自分のミスの確率が極力少ないけど、相手をミスらせる可能性が高い

ってのが「入れながら攻める」「守りながら攻める」

ってやつですね。

一言にまとめてしまったがためにこれ以上あまり言うことがないんですが、、、

こういった説明が出来る人は他にほとんどいないと思います。


初中級者層では「入ったら得点になるけど、ミスの確率も高い」

こんなゲーム展開が非常に多くあります。

なので、「入れたもん勝ち」みたいなゲーム性になってくるんですが

上級者層だと

「入るのは当たり前」

じゃ、決めるためにどうすんの?決められないためにどうすんの?ってとこで

動画のような地味なテクニックが非常に上手な人が多いです。


何事もバランスですが


見えない場所にこそ大事なものが潜んでいるというのは往々にしてあることですね。