おはようございます!

世界ジュニア男子シングルス決勝

 

宇田選手、惜しくも敗れましたが

中国選手を2人倒しての決勝進出。


左右の対決ということでサーブのコース配分がお互いに「フォア前、バック奥」

これはコートの中で一番遠いところを使って的を絞らせないという、左右の選手の対戦では鉄板のコース取りですね。

で、今回主に使う回転の質が逆というのがミソだったのかなと思います。

いわゆる宇田選手は順回転、徐選手は逆回転。(回転の方向は一緒だけど利き手が違うので、いろいろと使用する意味も違ってきます)

宇田選手のサーブに対して、徐選手は丁寧にフォアに送ってブロッキングゲームから何とかラリーで耐える方法を主に使用。

徐選手のサーブに対して、宇田選手はチキータ+色々なレシーブで相手になるべく打たせない方法を取ったように思えます。

ここでの得点率が勝敗につながったように思えました。

徐選手は宇田選手から攻撃される場面も多くありましたが、耐えて点数を取る場面も見られました。

宇田選手は少しアタックするときやレシーブコースを変えるときなどに徐選手のサーブの回転に対して上手く対応できない部分が見られました。要するに失点が少し重なってしまったということですね。

自分が見た感じはこれくらいしかないというのが感想です。

1セット目と3セット目は終盤リードしながらの逆転負けだったので、そこを取ってれば優勝していたと思います。

が、点を取りに行った時の確率がわずかに及ばなかったのがこの結果につながったかもしれません。

これは世界のジュニアカテゴリでの最高峰の試合ですが

どのレベルの試合でも同じようなことは起こるので、受けながらも頑張って返す戦法や

宇田選手で言えば、入れながら攻めるレシーブなど幅が出てくるとまた更に凄い成長を見せるのではないかと思います。