コメントをいただきました。
-----
ありがとうございます。 
自分は回転かけたり飛ばしたりの感覚はなんとなく理解していると思っていますが、飛ばさない感覚は全然でブロックやレシーブに苦手意識ありです。(卓球は攻めより守りのほうが圧倒的に難しいなーと感じていますがxiaさんはどうでしょうか) 
感覚を養うことが上達への一歩だと思うので、暇を見つけて地道に取り組んでみます。 
-----
コメントありがとうございます。

得手不得手はあるでしょうが、僕は守りが出来たうえで攻めが出来ると考えるタイプです。

守ると攻めるで書くよりは「返す」と「自分で力を加えて返す」ですかね。

卓球は攻撃と守備、どっちが大事?


どっちが大事というよりは攻撃の方が「難しい」「難易度が高い」と考えているので

まずは「相手コートに返す」が出来たうえでと考えています。


現代ペンドラの申し子・森屋選手とのトークです




実際に「守備」となると、相手に攻撃をさせているので「返球難易度」はそれなりに高いですし

それこそ「どこに打ってもいいですよ」っていう好き放題に打たれる状態の守備は本当に上手な人しか出来ないし「上手対上手」などの同格同士ではまず取るのは難しいです。

※打たれると打たせるの違いですね。





ランクの差があれば、なぜだかそんなに取るのは難しくないのですが。



なので

「返す」



「守備」

というのは違う意味として捉えていただきたいと思います。




まあ、卓球のプレーランクにおいて必要なスキルはそれぞれ違ってくると考えているので

世界とか日本のトップ→全部わけわからんくらい凄い

全国レベル→打った球はもちろん凄い、凡ミスが少ない、守備が堅い、球質が高い


初級者レベル→返すことが一番大事(相手もあまり上手じゃないことが多いから)


一歩ずつのステップアップにはなりますし、地域や年代によってレベルも変わってきますし


どこが上級、中級、初級というのも定義がないので難しいところですが


「まずはミスしないこと」


これが卓球においては大事なことだと思います。