コメントをいただきました。
-----
レシーブについての質問です。 

上級者というのはレシーブにおいて(この場合チキータや強打でなく面を作るレシーブ)、どのように相手の回転を絞り込むものなのでしょうか? 

私の仮説だと2段階で判断していて、まずは横回転の有無を相手のフォームから、そして上下の回転をサーブの球筋から判断しているのではと思ったのですが実際上級者はどのように瞬時にサーブの回転を決定して面を作るのでしょうか。もしくは慣れなのでしょうか。 

また初中級者がレシーブを覚える場合はどのサーブが来たらどの面を向けるかということを当たり前にインプットすることが大切なのでしょうか。 

分かりにくい文面ですいません。 
よろしくお願いします。
-----
コメントありがとうございます。


動画を既に出しているので、まずはそちらを参考にしていただきたいと思います。



基本的には「打つ前」と「打った瞬間」に大まかな予測を立てて、弾道などで回転を測っていく人が多いかと思います。

もっと言えば、ある程度対戦相手のことを把握したりや試合の中盤から終盤にかけては「この球種はないな」と選択肢から排除するという予測の方法もあります。


まあ、後は「回転を正確に測る」というのは非常に難しく僕には出来ません。

周囲の話を聞いてても「これくらいで何となく入るかな」とか「これくらいでここらへんに」という許容範囲の中でレシーブを入れる人が多かったように思えます。

もちろん回転がしっかり把握できる人もいるでしょうし、私も感覚で正確に分かった時には「ここにこんな感じ」とビシビシで狙うこともあります。

凡人の類の上級者だった私は「ある程度」「このくらいで」入ってくれるという範囲でレシーブをすることが多かったです。



どのサーブが来たらどの面を向けるというのをインプットするのが大事かどうか?ということに関してですが


めちゃくちゃ大事です。


卓球は非常に「はやい」スポーツなので「えーと、えーと」みたいなことをやってる間にボールが来てしまうスポーツです。


質問にもある「条件反射的に」という感じですね。あっちー熱湯が手にかかった時の「あちっ!」くらいのはやさは必要だと思います。


もちろん「分からなくて」「入る気がしない」となったらボールを多少「待って見る」ことも必要です。

卓球は相手コートにまずボールを入れるスポーツなので。


なので、卓球の難しい部分でもある「回転」の理解というのも必要なんですが


「反復」がモノを言う競技なので、ある程度の練習時間は上手になりたかったら必要なのかなと思います。


もちろん「何も分からないで反復」「ある程度理解したうえでの反復」は全然質が違うので


そこは注意が必要です。