コメントをいただきました。
-----
毎日、ブログ参考にさせていただいています。 

xiaさんの掲げる練習順序のピラミッドに関する質問です。 
上級者の方はボール遊び的なもの(飛んできた球を吸い付くようにキャッチ、バウンド直後を上から押さえて止めるなどなど)が総じてうまいと思います。 
私が思うに、この「ボール遊び」はピラミッドの最下部の「感覚」の部分にあたるのではと思っています。 
そこで上級者であるxiaさんに①卓球上達(「感覚」の育成)に役立つボール遊び②その遊びがどのような技術に応用できるかを紹介していただきたいです。 

私は卓球歴はそこそこあるものの、歴に見合った実力がついていないと感じています。 
幸いにも上級者の方と練習できる環境にあり、自分と上級者との一番大きな差は「感覚」(どうボールを扱うか、扱うことができるか)であると感じています。 
週1でしか対人で練習できない中、一人でもできる「ボール遊び」で「感覚」を養うことができないかと思い質問させていただきました。
-----
コメントありがとうございます。

基本的に卓球のボール感覚は

「弾く」(どれくらいどのようにボールを飛ばすか)

「擦る」(どれくらいどのように回転をかけるか)


この2つに分類できます。


まずどれくらいどのように飛ばすかがコントロールできないとボールがコートに入ってくれません。

そしてどのように回転をかけるかが出来ないと卓球のほとんどの技術は出来ません(ドライブ、ツッツキ、カット、チキータ、横回転サーブなどなど)


なので、このように大まかなイメージをお伝えすれば


あとはおのずと関連付けすることは出来るのかなと思います。


例えば、質問にある「飛んできたボールを吸いつけてキャッチ」は「飛ばさない」感覚なので

ブロックに役立ちます。



回転をかける感覚は卓球のほぼすべての技術に役立ちます。


僕が紹介した感覚練習の動画も載せておくので、参考にしていただければ幸いです。