コメントをいただきました。
-----
とても勉強になります。具体的にどういう練習をすれば良いですか? 
2本2本のフットワーク練で続けるようにしたり、半面対オールで続けるようにしたりが私の思いつく範囲です。。。
-----
コメントありがとうございます。

記事はこちらですね。



卓球には「返す」系という戦型の説明があまりないので、テニスのベースラインプレーヤーという説明が一番しっくりくるかなと。

と思ったら、ベースラインプレーヤーもあまり説明がなかったので、僕の独自の説明をします。

テニスコートのネットから遠いところで打ち合うのが得意なプレーヤーってことです。

あんまりネットの近くに出て、ボレーとかしない人たちってことですね。



自分も「返す」系、「合わせる」系のプレーヤーですが、どういう練習をしてこうなった。というよりは思想だったり環境の面が大きいと思います。(慎重な性格、負けられない環境、立場)


ただ、「返す」系に必要なスキルで言えば、大きく動くスキル・そしてボールを待つスキルですね。




フットワークと言えば、攻撃に必要なスキルと思われがちですが

攻撃・守備どちらにも必要です。

ボールのポジションまでいけないことには、ボールを打つことが出来ないので。




注:これは「続けてる」じゃなくて「続いてる」です。



で、ボールを待つ。というのはボールの球質の見極めだったりとかボールが単純に入れやすくなるための弧線を作るためにも必要かなと思います。


まあ、結果的に大きく動く練習をすればボールの打点は落ちることが多くなるので、

結論としては大きく動いて打つ練習をしてくださいってことになるんですけど


恐らく


「負けない」練習ってのは一番しんどくて誰もやらない、やりたくない練習ですね。


まず僕がやりたくないですもん。笑



image

















大きく動いて打つ練習は下2段の練習です。


試合で相手のボールを返すためには、真ん中の段の反射スピード(どこにどんなボールが来るか判断する)の能力も鍛えなければいけません。


なので、どこにどんなボールが来るか判断して、大きく動いて打ち返すが出来れば

卓球のベースラインプレーヤーとしてはかなり強いでしょう。


今まで話したことは基本「返す」「合わせる」といった「受け」の話になりますが

上2段目の予測スピード(相手のボールを先読みする)の能力が身についてくれば


積極的な受けもできますし、攻撃することも出来ます。


今回、改めて「負けない卓球」を形成することについて考えてみましたが


練習内容めっちゃしんどいですね。笑


多分、卓球人の95%がやってない練習だと思います。


しかし、上級者層や強豪校はこの練習をかなりやっているので、最後の底力というか


緊張した「ボールの返し合い」の試合になったときに強さが出るんだろうなぁと感じました。


この記事が何かの参考になれば幸いです。