おはようございます!

対人競技やから難しい難しい言ってますが、対人競技だからこそ!の一面というのも紹介しようかなと思います。

の前に、一人でやる競技(体操、水泳、陸上)は基本的に「出来ないものは出来ない」という世界だと思うんですね。

ただ、一回出来ればそれは「出来た」で良いと思いますし、その確率を上げていくのが1人でやる競技だと思うんですね。まぐれかもしれないけど、それは本人の力量で起こした部分が大きいということです。





これを試合で何回も出す、もっと早くを何回も出すってのが1人でやる競技です。


卓球に置き換えると





こういうのです。


ただ、卓球では「これで終わり」なんてことはなく、相手から返ってきたらまた返さなくちゃいけない競技です。


そういった世界には

「入っちゃった」

「勝っちゃった」

があると思うんです。

「入れる」と「入った」の違いですね。1人でやる競技と違って、自分の力量だけで起こした結果というよりは相手の要素もかなり大きいってやつです。


対人競技において「入れる」というのは理解の上でそれが正しく行えた時なので、こういうことが出来る人ほど「まぐれ」というのは起きづらいです。

「入った」は理解もなんもなく、結果として「入った」だけなので「まぐれ」です。


「まぐれ」ってのも楽しいんですけど


卓球が少しでも上達したいと思うんだったら、そういうのはなるべくなくしたほうがいいので


「理解」する楽しさというのも伝えていきたいです。