コメントをいただきました
-----
私個人の感覚としてですが 
ラケットをギュッと握らないというのはほとんどの一般層では「分かったつもり」になってるのかなと思います。ラケットをギュッと握るから上手くいかないというよりもギュッと握ってしまう状況を自分で作ってしまっているのかなと。だから結局ギュッと握ってしまっていることに気づいていないのかなと。例えば「手打ち」の状況なら力の弱い腕であったり手の力で打とうとしている状況なので必然的にラケット自体を強く握ってしまうように感じます。 
xiaさんが発信してくださってる情報も結局ほとんどの人が「ただ聞いている」だけで 
「ちゃんと聴いてない」のかなと思います。 
多くの人が「俺はこれくらいできてる」と勝手に判断して 
面白そうな、凄そうな情報だけを聞いてしまっているように感じます。 
再生回数とかを見てても 
「これ地味にめっちゃ大切!」って思うようなのが意外と再生されてなかったりと 
「聞く側」「受け取る側」も変わらないといけませんね。 
そんな中でも素晴らしいコンテンツを日々提供していただき本当にありがとうございます
-----
コメントありがとうございます。

ぶっちゃけ、「趣味」ですからね~。汗


ただ、一所懸命卓球に時間割いてる人も事実存在するので(部活とかプレーヤーとか教えるとか)


そういった方々の助けになれば幸いです。


自分自身、「発見」とか「理解」とかが結構好きなので、「おぉ、これはこういうことだったんだ」で割と満足しちゃうクチです。


まあ、それだと仕事にならないわけで


そっから「ねぇ、聞いて聞いて」ということで動画やブログで情報発信して


ラバーやDVDの販売につながっているということですね。



こういったお褒めの言葉をいただけるだけでも、かなりモチベーションアップにつながります。


考えて言葉に表すだけでも実際そこそこの労力が要りますので


そんな中、こういった言葉をもらえると


「自分の情報を必要としてくれてる人がいるんだ」というのが分かるだけでも


書く&頭をひねるエネルギーになりますので、是非コメント欄に書き込んでください。笑