おはようございます!

今日は立ち位置について。上級者の立ち位置と初中級者の立ち位置というのは大きく違います。





これは単純にペンとシェークのレシーブ立ち位置比較なのですが


ある程度上級者になるとバック側に寄った状態で立ちます。


しかし、初級者や動きに自信がない方は「卓球台の中央」に構えてしまいます。


これはすべての場所をケア出来るように思えて、実はどの場所もケアできないという

最悪の立ち位置です。汗


というのも、実際初級者の試合ともなればバック側にサーブが来ることがほとんどなので

「その場所」に立っとけばいいやん。ということです。


もちろん、試合の中で状況は移り変わっていくので一概には言えませんが


最初から中央に構えて、バック側のサーブが対応出来ず、さらにバック側に気を取られて


フォア側のサーブも取れない。さらに長いのも短いのも取れないという


負の連鎖を呼ぶ立ち位置です。汗


ここだけはちゃんと取るぞ!それがあるからこその状況の変化なので


それすらない、全部取れないという状況があって中央に立っているなら

まずはバック側のサーブだけは取れる立ち位置に立つ。


そこから状況を変化させていけばいいかなと思います。