質問をいただきました。
-----
公立中学校の指導者をしています。 
サーブ、レシーブが1番試合で使うのに、練習の流れはフォアラリー、バックラリー、フットワーク、3球目、課題練習、という練習をしている学校が多いと思います。 
生徒もとりあえず、フォアラリーという子が多いですよね。特に女の子は、指示を出さなければ、ずーっとフォアラリーをやっていたりします。1番使うのは、サーブ、レシーブなのに‥‥。 
なので、今は最近発売した「魅せられた卓球」に書いてあった中国選手が取り組んでいる、「4球目までを集中してやる」という練習をしています。 
ただ、これで果たして成果が出るのかが不安です。多くの学校はラリー練習をしているのに対し、ラリー練習を削って、「4球目までを集中してやる」という練習に力を入れていいものなのか、何かお気づきな点があればご意見頂けたら幸いです。 
-----
質問ありがとうございます。

生徒によって適性があったり何だったりするというのは、ひとまず置いておいて

・サーブが上手(サーブで得点出来るorサーブが上手いから打てるボールが来る)
・レシーブがとりあえず大事故にならない程度に返せる&ラリー中も
・ある程度、浮いた球なら決定打が打てる

この3つのスキルがあれば、かなり勝てるかと思います。

で、サーブ&浮いた球を打つっていうのは用具じゃどうしようもない。(ある程度、補完は出来るかもですが)

レシーブが大事故にならない程度に返す&ラリー中も。というのは用具でなんとか出来るわけで。

相手の回転の影響を受けづらい「ツブ高」とか物理的に飛ばない「極薄」とかですね。


で、この戦法自体はかの有名な「作馬さんの王子卓球」です。


youtubeで「作馬六郎の王子卓球」で調べてみてください。

IMG_2983



ヨーロッパのラリーに勝てないから、体格で劣る日本人がどうやって勝てるかなぁってので

サーブ+3球目強打+変化

という戦法で活躍しています。

ラリー型に勝てるか不安なところがあるかもしれませんが、

結局のところラリー型の守備力が勝れば負けてしまいます。


ただ、公立中学校というほぼ全員が素人スタート、タイムリミットが約2年間と考えると全部は出来ないので、最短で勝つ&負けないようにするためには

点を取るためにサーブ+3球目

点を失わないために用具

というのは僕の中でかなりアリだと思ってます。