コメントをいただきました。
-----
大学に進学して卓球部に入り、自分と同レベルか格上の選手と試合することが多くなりました。その時、自分と同等、又は格下の選手に巻き込みなどの横系サーブを出すと自分に有利なレシーブが返ってきますが、格上の選手が相手だと横回転を利用されて流されたりして不利になる展開が多いです。なので格上の選手相手には縦系(下やナックル)を中心にサーブを組み立てるのですが、やはり下回転を持ち上げる展開だと打ち抜くことが難しく、ラリーで負けてしまいます。 
Xiaさんは横系サーブが効く相手と効かない相手には何の差があると考えますか?また、横系サーブが効かないから縦系サーブを中心に組み立てるのは正しい判断だと思いますか?
-----
質問ありがとうございます。


まずはある程度説明している動画があるので、そちらをご覧ください。




質問者さんの悩み的には

・ラリーでも勝てない

・横回転系のサーブも効かない

で、横回転系のサーブが効く効かないの差、効かない相手にどうすればいいか。


ということだと思います。


【横回転系のサーブが効く効かないの差】
色々と考えられますが、主に2つだと考えます。
1、回転というものが分からない
2、技量に差がある
の2つです。

ここでは省きますが、回転に対する理解(どういう風に回ってる、どういう風に取ればいいか分からないなどなど)がそもそも無いので、全く取れない。汗


ここら辺が初心者、初級者、レディースというイメージです。



技量に差があるというのは、回転に対する理解はそれなりにあるが


切れ味や変化の見分けづらさなど、テクニックに差があるので、自分の打球感覚に負担がかかる、もしくは相手の打球感覚に負担をかけることが出来ないという状況です。

Xia論法New






















んで、台上のテクニック(サーブレシーブ3球目4球目くらいまで)で負けてるのであれば、恐らくどんなサーブを出しても勝てない。


そもそも、卓球台の近くや卓球台の上のテクニックというのが一番技量の差が出る部分なので、あとはロングサーブを出して単純なラリー戦に持ち込むしかない&もしくは精神的優位に何らかの方法で立って、相手の技量を下げるしかないんですけど、

ラリーでも勝てない、サーブレシーブでも優位に立てないのであれば


現状、勝つ方法はありません。


卓球人としての基礎スペックをコツコツと積み上げていくしかありません。


しゃーさん-100



















この下の2段、打球感覚と身体スピードの部分です。


卓球は動いて→打つなので、この能力を高めれば卓球人としての能力はどんどん高まります。


これらを高める方法のオススメとしては一緒に仕事をしている布袋先生の古武術卓球


身体操法が役に立つと思いますので、そちらを参考にしてみてください。