先日、読んだ理系のテニス

IMG_2708


プレーヤーだった方と物理学者の方の記事がそれぞれ書かれてるのですが、その中のフォームや打法の記事で

センスのある奴は見よう見まねでも出来るし、こうやれって言ったらうまく運動連鎖が出来る。

ただセンスのない人は余計なことまでやってしまうから、ここは動かさないようにと身体の『止まってほしい』部分を指摘すると。


まだ、このアプローチで卓球を教えたことはありませんが、逆に考えるというのは大事なことだと思います。

代表的なフレーズだと
・やらないことを決める

とかですね。

このコメント欄でもそうですし、自分も同じくなのですが


〜〜だけど、どうすればいいか?という思考になりがちです。


あえて、この技術には取り組まない

このタイプにはこういうサーブは出さない

など、自分に何かを付け足す作業ではなく、自分の贅肉を削ぎ取って、残った本当に必要なものを洗練させていく作業をやってみると上手くいくかもしれません。


まあ、僕も全然出来てないんですけど。