コメントをいただきました。
-----
Xiaさんにとって、柔らかいテンションラバーはどのような位置づけでしょうか。 
Xiaさんのおっしゃる通り、台にボールをおさめることと、台上での球の質を求めることは、卓球というスポーツで最も優先すべき項目だということは周知の事実だと思います。しかし、多くの初中級者(本人またはその指導者)が、硬めのテンションラバーでコントロールが難しいと感じた場合、粘着ラバーを敬遠して、比較的柔らかめ(本人に適した硬度)のテンションラバーを選択する傾向にあるのは何故でしょうか。軽打で簡単に弾んでしまって、台上での切れ味も出しにくいというのに・・・。かくいう私も柔らかめのテンションラバーを使っています。
-----
質問ありがとうございます。

Q.柔らかいテンションラバーはどのような位置づけでしょうか

インパクトの弱いプレーヤーがそこそこのスピードと回転が出しやすいラバー

Q.なぜ粘着を敬遠するのか

粘着が欲しい!と言わない限り、ショップも勧めない&誰も勧めない


上記、簡単に私からの回答を書かせて頂きました。



実はワタクシ自身も高校時代、ハモンドにゴリゴリチャックを塗っていた時代がありまして

「なんじゃこりゃ、めっちゃ良いやん」と思ってたわけです。


しかしレベルが上がるにつれて、サーブレシーブ、台上ツッツキ、ループなどなど

「ラリーの入り口」と呼ばれる部分でハモンドではちょっと厳しい・・・そんな感情を持つようになりました。


まあ、ラリーの入り口部分のチマチマしたところって当たり前ですが

飛ばない方がいいし(誰でも)

回転がかかったほうがいいんですよね。(技術があれば)


で、


ラリーになれば


飛んだ方が単純に決定力が上がります(入るとは言わない)


回転がかかった方が強い球がいきます。(ここでは速い+回転の多さを強いにします)


相手が強くなれば、台上で先手を取ったとしても


後ろで粘られて最終的に引き返される。なんてのも度々です。


要は入り口も途中も出口も全部上手くなきゃ勝てない。そんなレベルがどっかかしらでやってくるわけですね。


粘着ラバーじゃ、ラリーでやられる、、、

回転がかからないラバーじゃ入り口で先手が取れない、、、


=いわゆる飛んでかかっての高性能なテンションラバー使用


トップ選手はそうなるのかなと考えています。


じゃあ、軟らかいテンションラバーは?

優しいタッチで多少の回転(硬いラバーには劣る。けど優しいタッチでの回転量は勝つ)

優しいタッチでいい感じのスピード


とゆーわけで、なんとなく卓球の入り口から出口までがなんとなくまとまるのかなと思っております。


それこそ、相手が強くならないことには

もうちょっと扱いの難しい、硬いラバーを使わなきゃ!とはなりませんしね。