コメントをいただきました。
-----
  • 先日は取り上げて頂きありがとうございました。
    質問なのですが、フォームが綺麗でフィジカルも悪くないのにプレーが安定しない、ミスが多いって人たまに見かけませんか?そういう人は何が原因でミスをするのかわかりにくくてアドバイスができません。あからさまにラケットの面があってない、スイングがブレブレ等のわかりやすいミスならアドバイスできるのですがぱっと見で何が原因なのかわからないミスの原因の探し方を教えて頂けたらと思います。
    よろしくお願いします。
-----
質問ありがとうございます。

こういう場合は基本的に「打球感覚」の無さが原因になると思います。

自分のラケットで「どのようにボールを飛ばすか?」それがコントロール出来ていないということです。


ちなみにどのようなミスが多いかによっても、原因が多少違ってくるので


ある程度、動きが止まった状態(ワンコース)でミスが多く安定しない場合は打球感覚が原因のことが多いです。





正直、この打球感覚というのを口で説明するのはかなり難しいです。


本当に「ボールをどのように飛ばすか?」「ボールにどのような回転をかけるか?」


究極を言えば、この2つになると思います。



飛ばし方のコントロールが出来なければ卓球台に入ってくれません


回転をかけることが出来なければ卓球の技術が出来ません



どちらの打球感覚が不足しても卓球という競技を楽しんだり、勝敗があるところでも致命的な問題となるので


出来る限り高めたいものです。




次に「間に合ってない」という状態。




これが結構、厄介なシロモノでして


結果から見ると「脇が空いてたり、スイングが乱れてる」ように「見える」んですよね。


でも原因は「そこじゃない」


間に合ってないから無理やり間に合わせようとして、無理な体勢で打とうとすることによって


ぐちゃぐちゃになる。


これを一所懸命、見えた結果だけを直そうとしても上手くはなりません。


上手くいってない原因をはき違えてしまっているからです。


この場合はスイングなどを修正するのではなく、反応を高めたり、足の素早い動かし方を練習する必要があります。



動画でも言っていますが、ミスには大きく分けて2つあると考えています。



1つは「下手っぴでミスしたミス」


もう1つは「間に合ってないミス」


キチンと原因を把握することで、正しい修正が出来るので、教える立場にある人は是非頭に入れておきたいですよね。