コメントをいただきました。
-----
素人な質問で恐縮ですが、ペンホルダーとシェークハンド、フォアドライブの威力の最大値が大きいのはどちらでしょう? 

卓球をやりはじめた中学生のころ、当時読んでいた卓球の本にペンホルダーはフォアハンドが強いと書いてありまして…その理由は特に書いてなかったのですが、手首がより大きく動かせるからだろうなと思った記憶があります。ただ、いろいろと知った上で改めて考えると、手首の可動域の大きさが威力に直結するとは限らないのでは?ラケットを握る力の最大値となると、シェークの方が五本指しっかり使える分ペンより強いのではないか?でも、角型のペンだと遠心力が使えるのがシェークにない強みのはず…。 
フォアドライブといっても、食い込ませる打ち方と擦る打ち方で傾向が変わるかもと思っていて、なんとなくですが前者はシェークハンド、後者はペンホルダーが強みを発揮できそうな印象を持っております。 
動画でシェークも振っておられるXiaさんに、フォアハンドの威力におけるペンホルダーとシェークハンドの違いについて、ご講釈いただけますでしょうか。
-----
質問ありがとうございます。

正直言って・・・


分からんす!

けど、感じることもあるのでそれについて色々語っていこうかと思います。


まず、ラケットが違う。


いわゆる日本式ペンホルダーとシェークというのはラケットの条件的に色々と違います。(主に板厚)


じゃあラケットの条件を合わせた場合はどうか?


シェークと中国式ペンがある種類で同じ人が打った場合ですね。


で、これは


元々ペンの人はペンの方が威力が出ると思いますし、もともとシェークの人はシェークの方が威力が出ると思います。


要はペンでの熟練度、シェークでの熟練度がかなり関係してくると思います。


あれ?俺、元はペンだけどシェークの方が威力出るとか、そういう人はその握りでの熟練度が低い、もしくは何か間違っている可能性があります。


みんなでみんなのラケットを試打

最初の方に自分のラケットを試打してもらってますが、ぐっちさん、やっすんはやっぱりシェークの方が威力が出ます。熟練度の問題です。




で、自分も用具試打ライブでシェークで打ったり、同じものをペンで打ったりしてますが

明らかにペンの方が威力が出ます。


これはシェークかペンかという問題ではなくやはり熟練度の問題かと。(大事なことなので2回)


ワタクシの感覚的なもので言うと、シェークの場合、「手のひら」で握る感覚が強すぎて

どこに力を入れていいかわからん!


要は全体で握るがゆえに「感覚がボヤける」感じがします。


逆にペンはラケットに触れているのが基本的に3本の指先なので、フィンガーワークがシェークに比べて難しい分、「敏感」にラケットの動きを感じることが出来ます。


これは個人の見解なので個人差マックスの部分だと思いますが、この部分がペンの難しさの大きな部分になるとも思っています。


どっちのほうが威力が出るのか?からだいぶ話がそれてしまいましたが、この記事が何かの参考になれば幸いです。