コメントありがとうございます。
-----
0から始める中学部活指導者ですが、これは水谷選手の言っていることが100パーセント正しいと思います。 
フォア、バック、ツッツキ、ツツキ打ち、動いて打つ練習、ゲーム練習等は初めてラケットを持ってから2週間ぐらいの内に一通りします。 
ボールのスピードはめちゃくちゃ遅くしますけどフォア、バックのランダムの切り返しもスピードを遅くすることで初心者でも難しくなくなるので結構続けられますよ。 
初心者には細くても良いから偏らない「神経回路」を作ることから始め、徐々にその神経回路を太くしていけばいいと思います。 
偏らない「神経回路」を作るためには「ランダム要素」を初心者の内に取り入れる必要があると思いますけど。 
そうしないと「レディス卓球」によく見られる、それぞれの技術は上手いけど試合になると???になってしまいます。 
幼稚園ぐらいから始め世界チャンピオンを目指すなら話は違いますけど、時間がない中学部活卓球ではピラミッドではなく並行だとおもいますけどね。
-----

さすがに水谷選手が言うのと自分が言うのとで信頼性でかなりの差がある部分は致し方ない。

ただ、誤解しないでほしいのは水谷選手を自分も前記事にコメントした方も「否定はしていない」ということです。

上達ピラミッド 


こちらの画像

確かに、止まって打つことが出来たら→次は規則的に動きましょう→ランダム性を→・・・

ステップアップのように捉えられるのですが


こちらの意図としては


土台に「打球感覚」があるよね。という話です。


それこそ、例えば3段目の「ランダムボールを打ち返す練習」=反射スピードの練習には


2段目の要素と1段目の要素も自然と含まれます。


足を動かして、ボールを打っているので。


なので、質問者さんのおっしゃる通り勝手に並行した練習にはなりますし、1日の中でピラミッド自体をサイクルさせて並行して行うことも出来ます。

卓球はレベルが上がれば上がるほど、ラリーのスピードがはやくなるので、「自分の体を間に合わす」ために効率的な身体の使い方やボールを打った瞬間に相手に目線を送ったりなど感覚の良さなどが求められるようになります。

なので、このピラミッドを下から上、下から上といったようにグルグル回していくことが必要になると考えています。





それこそ、上級層になると色んなことに注意しながら練習を行えるのですが

初中級者層だとそうはいかず、「ボールを判断しながら、足を動かして、なおかつボールタッチにも気を遣う・・・」

こういうことが上手くできない人もいます。

そんなときにコメントしていただいた方のように

Xia論法New 

このボールが来る時間をめちゃくちゃ遅くして難易度を落とす。というのも1つの手だと思いますしピラミッドの段を少し落としてあげるのも1つの手だと思います。



自分は卓球上達の道のりを言語化、または画像で説明しようとしているので


現場の卓球人の適性まで見ることは出来ません。


また、その部活動などの状況も知ることが出来ません。


そういった部分は心苦しい、自分が現場に入ればガンガン出来るのになぁなんて思うこともありますが、今はこの上級層がたどってきた上達の道のりを浸透させていくのが卓球界のためになると考えていますので、日々情報発信をしていきたいと思います。