コメントをいただきました。
-----
「身体スピード徹底解説編」見させていただきました。 
解釈が違っていたらご指摘ください。と前置きしてから 
「体幹で打つ」とのことですが、確かにボールスピード、威力は向上したように 
見えますが、台に入らないボールも多くなったように感じます。 
以前の「「強く打つ」と「入れる」は反対の性質」にも書かれていたとおり、インパクトは 
強くなったが入らないことになるのではないかと思いました。 
では、どうやって「入れる」のでしょうか。インパクトが向上すると回転量も増大して 
ドライブ回転により台におさまりやすくなるのでしょうか。それとも他の打法などが 
あるのでしょうか。 
このあたり、見解をお願いしたいです。
-----
質問ありがとうございます。

同じ疑問を私も持ちまして、既に解決しているのでシェアしたいと思います。

まず、皆さんご存知のように卓球は点を取りあうゲーム性で、そのためには相手コートに入れなければなりません。


で、強い球を打とうとすれば飛んでいくので単純にコートに入れるのは難しくなります。 


では、身体操法でどのように強い球を打って、入れると考えているのか?


冬季オリンピックで金メダルを獲得した小平奈緒選手に古武術の身体操法を教えた

高橋佳三先生に講習会の時に質問しました。

IMG_1446




















結論から言うと

「パワーを出すにはパワーを持っている部分にやらせる」

「そのパワーを調整するのは調整する部分にやらせる」


なので、身体が本来持っている機能をそのまま使って分業しようね。ということです。

これらの身体操法を使えるようになったとしても根底の部分が分かっていなければ、結局試合で勝てないとか上手くならないといったことにつながってしまいます。(まあ、それでも上手くはなるんですけど)

ほとんどの人が「手」に色んな仕事をさせようとして、上手くいかなくなるということが起きています。

「手」は感覚を伝えるパーツで「パワー」を出すパーツではありません。


ですので、DVDではじめちゃんが身体操法を取り入れてミスっていたのは

「溢れ出るパワーを調節する感覚がまだその時点ではなかった」ということと「いきなり同時進行は難しいから、とりあえず身体操法を感じようとして入れようとしていなかった」

この2点があります。

そもそも卓球においては、それぞれ使っている道具が違うので

「こう打てば」入るというのは少し違うのではないかと考えています。

使っている道具が違えば、もちろん弾みも違うので、そこを調節する能力が必要となります。