コメントをいただきました。
-----
質問なのですが、ナックルや縦回転より横回転が強い逆横系サーブをバックに流してレシーブしようとするとボールが浮いてしまいます。しかしラケットの面を立てて流すと今度は直線的な軌道になり安定感がでません。 
この場合は技術に問題があるのでしょうか、それともそれらのサーブに対する流しというレシーブの選択自体に問題があるのでしょうか。 
長文失礼しました。
-----
質問ありがとうございます。

結論から申し上げますと、、、

「技術選択は間違ってない」ですね。(右対右などの表記がないので、仮に右右を想定した場合)

 


もちろん、逆横回転に「下」がどれくらい混ざっているのか?「上」がどれくらい混ざっているのか?(要は相手の回転量)

これによって自分の角度は当たり前ですが変わってきます。


プラス


「相手の回転に合わせる」という考えだけでは「相手の回転に影響を受ける」ことになりますので
(この動画の失敗例のような形)


逆横回転に合わせながらも自分から「回転を作り出す」(回転を上書きする)ようなボールタッチを磨いていくことが今後の「技術精度」のステップとしては必要になるかと思います。


そうすれば、たとえ浮いてしまったとしてもそんじょそこらの愛好者が強打できないツッツキが出来るので「回転を合わせる」から1つ上の段階の「自分で回転を作り出す」というステージに上がるとラリーの入口→ラリー展開もかなり変わってくるかと思います。