土日に公認コーチの義務研修へ!4年に1度更新の義務があります。運転免許と同じですね。

1日目

国際卓球連盟副会長の前原正浩氏「卓球協会の取り組み」
ソウル五輪金メダリストの偉関晴光氏「ペンホルダー講習」
東京女子体育大学新体操部「全日本学生65連勝の秘密」

2日目

近藤欽司氏「ベンチコーチ」
近藤欽司氏&サンリツ「普段の練習の紹介」

非常にタメになるお話をたくさんいただけました。

日本卓球協会がこういう事業に取り組み始めたのが2001年ごろで、このあたりから日本の卓球レベルがグンと復活してきましたよね。

こういった事業に指導者が学び、それを地域に還元していく・・・

同席していた同県の指導者も
「良い確認作業になるから毎年参加してるんだ」
「やる気やセンスのある子がひょこっと来た時に指導者のレベルも上げとかないとね。」
「まあ、今はほとんどの生徒が習い事だから、週3回以上やる子いないんだけど」
「やっぱり洗練する時間が必要だから、全国に出る、地方大会に出るくらいが今は限界かな」

日本卓球協会の取り組みで指導者のレベルは非常に上がっています。

私も優秀な指導者と呼ばれる方たちとも交流させていただいてる身分ですが、
地域の情熱があり学んでいる指導者と教え方のレベルにそこまで差はないと感じました。

強い選手の育成に関しては指導者よりも「環境整備」や「やる気の出させ方」といった卓球を教える能力以外の部分だと思います。


講義中の情報公開(写真、ムービーなど)は基本NGですが、また学んだことを細かくこのブログで公開していきます。

ですが、2日目の講義終わりにサンリツさんと記念撮影してもらいました。(笑)
卓球界のフェアリージャパン的な存在ですね。

IMG_1658


















そしてサンリツの一員に明豊の後輩、2018年全日本混合ダブルスでは世界金メダリスト(吉村・石川)に勝ちファイナリストとなった、松本優希選手もいます。

先輩パワーで2ショット撮りました。(笑)

IMG_1656


































ただのミーハーになっちょる!(大分弁)